テレビ用アンテナアンプ:動作原理、選択、DIY製造

テレビ画面の画質が低下するため、テレビ信号が不十分であるという問題は、テレビアンテナからの信号増幅器を使用することによって解決されます。最高のモデルの評価から適切なデバイスを選択するか、経験がある場合は、そのようなデバイスを自分で作成することができます。

TVアンテナアンプとは?

TVアンプは、TV信号を増幅し、干渉のレベルを低減するためのデバイスであり、より良い画像を提供します。このデバイスは、ノイズの影響によって制限される感度を高め、同軸ケーブルで受信したテレビ信号の損失を補償します。https://youtu.be/GI89hrNQ-BA

アンテナ増幅器の設計機能

テレビアンテナ用の増幅器はシンプルで、設計を変えることができ、デジタル信号とアナログ信号の両方を増幅できます。場合によっては、ノイズリダクション回路が実装された2つのボードで構成されます。 1つの回路はハイパスフィルターで、もう1つの回路には周波数を調整するコンデンサーがあります。レギュレータは、400MHzの動作周波数で4.7dBの最大TV信号ゲインを得るのに役立ちます。安定性を得るために、彼らはその回路に含まれる電解質とダイオードブリッジを備えたスタビライザーを使用しています。アンプはコンデンサを使用してテレビ受信機に接続されています。アンテナ用のすべてのアンプには電源が​​装備されており、配置場所(内蔵と外部)のみが異なります。内蔵デバイスは安定した電圧でうまく機能し、最大10Vを消費します。デバイスが焼損した場合は、アンテナデバイス全体を交換する必要があります。このため、電力サージが発生している場合は、外部ユニットを使用する方が便利です。それらはサイズが大きく、アンプ(5、12、18、24 V)に応じて異なる入力電圧を持っています。

分類

TVチャンネルの地上波には、メートル(MV)およびデシメートル(UHF)周波数の範囲を使用します。最初のケースでは、30〜300 MHzの周波数が使用され、2番目のケースでは300〜3000MHzが使用されます。受信周波数の範囲に応じて、アンプは次のようになります。

  • ブロードバンド-広い波長スペクトルをカバーします。
  • 範囲-操作にメートルまたはデシメートルの範囲を使用します。
  • マルチバンド、両方のバンドを対象としています。

アンテナアンプ

通常の場合、信号が良好であれば、広帯域増幅器で十分です。受信が弱い場合は、ブロードバンドデバイスよりも優れたターゲットデバイスを使用する価値があり、特定の範囲でその役割を果たします。

デジタル放送は、DVB-T2規格を使用して実行され
ます。デジタルTVチャンネルは、UHFレンジのみを使用しているため、DVB-T2規格のデジタルTV用アンプがデジタルTV放送に適しています。デジタルテレビDVB-T2のアンテナアンプテスト:https://youtu.be/oLRaiYPj6sQアンプは、必要な電圧によっても異なります。

  1. 12ボルトが最も一般的です。追加の電源を追加する必要があり、場合によっては調整することができます。
  2. 5ボルトは、同軸ケーブルを使用してTVチューナーまたはTVに接続できます。原則として、アンテナに固定されています。

テレビの種類に応じて、増幅装置は次の順序で分類されます。

  • アンテナ;
  • 衛星;
  • ケーブル。

ケーブルおよび衛星増幅器は、すでに非常に高品質の信号を送信するため、ほとんど使用されません。ケーブルテレビ放送では、ケーブルが一度に複数のテレビに接続されている場合、アンプを使用することがあります。アンテナ増幅デバイスは、はるかに頻繁に使用されます。

TV信号増幅器の長所と短所

家庭用テレビネットワークを設定するときは、覚えておく必要があります。複数の増幅回路を使用すると、ビデオストリームに大きな歪みが生じます。この点で、アンテナ用の増幅器の数は最小限に抑える必要があります。

アンプの利点は次のとおりです。

  • 最も弱いテレビ信号でも受信する機能。
  • 小さなノイズ係数の存在;
  • 複数の周波数範囲で同時に信号を増幅する機能。

増幅デバイスの欠点は次のとおりです。

  • ブロードバンドアンプを使用すると、許容されるTV信号レベルが過負荷になる可能性があるため、このような煩わしさを解消するために、さまざまな範囲のレギュレータを装備する必要があります。
  • デバイスの自己励起;
  • 雷雨に対する感受性;
  • 出力でTV信号が失われる確率。

アンプはアンテナからテレビへの信号を補正します。この点で、選択は地形とテレビ機器の必要性に影響されます。市外のテレビアンテナ用のアンプは、高品質のテレビ信号を取得する際の困難な問題を効果的に解決するのに役立ちます。

TV信号増幅器を選択するための主な基準

TVアンテナ用のアンプは、デバイスの技術的基準と外部要因(設置場所や設置条件など)に応じて選択されます。最も重要なことは、テレビ信号の品質に影響を与える特性を考慮に入れることです。そのために、追加のデバイスを使用することになります。

動作周波数範囲

周波数範囲には、テレビ、アンテナ、アンプの3つのデバイスが関連付けられています
。最初にアンテナが選択されます。この選択では、信号強度の広い範囲に対する狭いビームの優位性を考慮に入れる必要があります。リピーターが受信エリアの近くにある場合は、より広い範囲をカバーできる「全波」が適しています。リモートTVタワーからの信号の受信は、限られた周波数範囲に適合したデバイス(MVやUHFなど)を使用して実現できます。
アンテナアンプ

アンプはアンテナの周波数応答に応じて選択されます。範囲が一致しない場合、既存のデバイスは機能しません。

雑音指数

アンプの助けを借りて、TV信号対雑音比を上方修正する必要があります。データ送信中に各デバイスが独自のノイズを受信するという事実を考慮に入れると、信号が増加するにつれて、デバイスはより重要な表現を取得します。ノイズ効果の値は3dBを超えてはならないことが一般的に認められています。このような状況でのみ、テレビ信号の高品質の保証について話すことができます。ただし、新しいデバイスの値は2dBと低い場合があります。

利得

可能な限り高い比率が存在するからといって、最高の伝送品質が保証されるわけではありません。さらに、ゲインが大きすぎると、TV信号の歪みが発生し、逆の効果(クリッピングまたは過負荷)が発生します。パラメータを測定するために、dBが使用され、その平均値は次のとおりです:

  • デシメートル-30〜40 dB;
  • メーター-10dB。

このことから、UHFは20〜60のTVチャンネルをカバーし、メーターは12以下になります。ゲインが15〜20 dB増加すると、良い結果が得られます。

係数でアンプを選ぶときは、実際の状況と受信レベルに基づいている必要があります。原則として、テレビ塔(リピーター)からの距離が考慮されます。テレビ塔が直接見通し内にある場合は、アンプを購入する必要はありません。

アクティブまたはパッシブアンテナ

TV信号を受信するためのアンテナは、パッシブおよびアクティブにすることができます。

  • パッシブアンテナは、それ自体の形状のためにのみ信号を受信します。
  • アクティブアンテナ用に特別な増幅器が用意されており、有用な信号の強度が向上します。

アクティブアンテナには、主電源から追加の電力を供給する必要があります。原則として、アンプは9または12 Vのアダプターアダプターを使用して接続されます。デバイスが屋外にある場合は、雨から保護する必要があります。デバイスが正しく取り付けられていない場合の干渉の可能性に関する製造元の指示の情報を必ず考慮に入れてください。パッシブアンテナに増幅器を追加すると、パッシブアンテナをアクティブアンテナに変換することもできます。このオプションは、増幅デバイスが組み込まれたアンテナを購入するよりも便利な場合があります。アンプが故障した場合は、簡単に交換できます。アンテナ自体の隣ではなく、屋根裏部屋または部屋に配置できます。これにより、デバイスの耐用年数が長くなります。

デジタルTV用アンプ付き日曜大工アクティブアンテナ:

https://youtu.be/YfR9TgaDf1Q

テレビ用のトップ6ベストアンテナアンプ

いくつかのアンプは、その設計の単純さ、低コスト、および簡単な設置のために人気があります。場合によっては、自分で交換して修理することができます。外付けアンプを購入するときは、その気密性に注意する必要があります。外部デバイスは、保護されていても2年ごとに交換されます。このため、屋根の下でアンプの場所を探すのが最善です。

アンテナアンプF-02

ケーブル駆動の全波バックボーン増幅デバイス。動作範囲(1〜12 k)およびUHF(21〜60 k)で、メートルおよびデシメートルの範囲のTV信号を増幅します。ゲイン-最大25dB、雑音指数-最大2 dB、供給電圧-12V。推定コスト-350ルーブル。
アンテナアンプF-02

デルタUATIP-03MV + DMV

メーター(1〜12チャネル)およびデシメートル(21〜69チャネル)の範囲で個別に使用するための増幅ブロードバンドデバイス。電源12V。推定コスト-672ルーブル。
デルタUATIP-03

「グリッド」用のSWA-999

48〜862 MHzの周波数範囲と12V電源を備えたポーランドのアンテナ(「グリッド」)用の増幅器。ゲイン-28〜34dB。推定費用-113ルーブル。
ブロードバンドアンテナアンプSWA-9999EuroskyによるアンプSWA-999 [/ caption] https://youtu.be/QvRGUGq_eOs

REMO INDOOR USB(BAS-8102 5V)

パッシブアンテナをアクティブアンテナに変換し、アンテナアンプの電源を不要にするアンテナ多目的アンプ。ゲインは最大16dBです。食品-5V。推定コスト-245ルーブル。
REMO INDOOR-USB

REMOブースター-DiGi(BAS-8207)

21〜69チャンネルの平均ゲインを持つアンテナアンプ。電源-12V。雑音指数-2.8dB以下。推定費用-425ルーブル。
TVレンジアンプREMOブースター-デジ

プレーナー21-69FTシリーズ

周波数範囲が470〜468 MHz、ゲインが最大22dBのケーブル用アンテナアンプ。電源-12V。雑音指数-4dB。推定費用-350ルーブル。
アンププレーナー21-69FT

自分の手でテレビ用のアンテナアンプを作るには?

まず、材料とツールを準備する必要があります。

  • アルミ板;
  • 銅線;
  • ブラケット;
  • アダプタ;
  • ナット、ボルト、ワッシャー、ネジ;
  • TVケーブル;
  • トラクターからのゴムベルト;
  • 絶縁テープ;
  • ハンマーでレンチ。

あなたがそのような仕事の経験を持っているとしても、指示の詳細な研究は非常に役に立ちます。これらのアクションを実行する順序と各詳細の目的は、特に重要です。アクションのアルゴリズムは次のとおりです。

  1. 穴が開けられます(ゴムに3つ、プレートに1つ)。
  2. また、ブラケットとアンテナの位置に穴が必要になります。
  3. ワイヤーを曲げて、両端をセルフタッピングネジで接続する必要があります。
  4. ケーブルはアダプタに接続され、接続は分離されています。
  5. すべての詳細が一緒になります。最後に、ワイヤー付きのケーブル接続領域は、電気テープを使用して分離されます。

自作のアンプデバイスには、完成したデバイスを調整する必要がないという別の利点があります。それは非常に簡単に接続されます:ボードはアンテナに接続され、増幅の品質がチェックされます。デバイスの操作中に外来ノイズがあってはなりません。アンプについては、環境の影響から保護するために、何らかのエンクロージャーを用意することをお勧めします。良い映像と音を得るには、アンプだけでなく、適切な取り付け場所の選択も必要です。避雷針も必要になります。アンプ付きデジタルTV用ビールアンテナ:https://youtu.be/axJSfcThfSU

操作の開始時に、TV信号増幅の品質を監視する必要があり、問題が発生した場合は、すぐに解消する必要があります。

テレビ用のアンテナブースターは、テレビの受信不良に関連する干渉やその他の問題を回避するのに役立ちます。デバイスを購入するときは、いくつかの重要な基準に焦点を当てる必要があります。また、自分でデバイスを作成するときは、正しい一連のアクションと適切な設置場所の選択に焦点を当てる必要があります。

デジタルテレビ。
Comments: 5
  1. Германик

    Очень помогли хорошо работает наша ново испечонная антона благодаря вашей статье про Антенны их сбор и установление большое личное спасибо

  2. Юлия

    Устанавливали усилитель на дачу, выбирали и устанавливали по описанию в статье. После установки на телевизоре пропали все помехи и лишние шумы. Усилитель Дельта УАТИП-03 МВ+ДМВ
    :idea: :idea: :idea:

  3. Георгий

    Уже несколько раз, а точнее три раза покупал антенны для дома, для дачи и нового загородного дома и все они плохо ловили ТВ сигнал. В нашей местности и до перехода на цифру ловило всего два канала на простые антенны. Потом мне и рассказали, что для каждой антенны нужен свой усилитель сигнала и подсказали к какой антенне какой усилитель подходит. Тогда  и стало ловить по 5- 6 программ, для дачи это нормально, а вот для квартиры… Сейчас у меня их более 100 и половину я отключил. Те, которые мы не смотрим.

  4. Тина

    Не понимаю!Зачем заморачиваться,и делать вручную,если уже есть готовые усилители сигнала?Спасибо огромное за статью,потому что-это очень нужная вещь. :idea:

  5. Вадим

    Я сам пытался сделать самодельный усилитель для антенны. Нашел схему не сложную в интернете, хотя в радио деле полный “ноль” и начал мастерить. Примерно целый день заняло у меня это дело и результат плачевный. Вроде сделал все правильно. но ни чего не работало. С другой схемой тоже самое и я понял, что не все что представлено и предложено в интернете работает. Выход простой нашел))) Купил себе готовый усилитель для антенны “F-02” и все заработало как нужно. И каналы новые появились и старые каналы которые ловила антенна стали четче работать.

コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: